振り込め詐欺の預保納付金で 犯罪被害者の子に奨学金

「まごころ奨学金」募集のチラシ
「まごころ奨学金」募集のチラシ

日本財団は12月26日、犯罪被害者の子供を対象とした給付型奨学金「まごころ奨学金」の申請受け付けを開始した。給付には、振り込め詐欺の被害者に返還できなかった「預保納付金」を活用する。

同奨学金は、平成25年4月から同財団が実施する「振り込め詐欺救済法に基づく預保納付金を用いた犯罪被害者等の支援事業」の一環。振り込め詐欺の被害者に返還できなかった約67億6600万円(平成27年末時点)を活用し、今年12月までに108人に計1億9642万円を貸与してきた。平成29年4月から貸与型から給付型に移行される。

対象は、保護者が殺人・殺人未遂、強盗・傷害致死、交通事故事件(死亡ひき逃げ事件・危険運転致死傷など)、詐欺事件など理不尽な犯罪に遭遇し、経済的に不安定となった高校生から大学院生までの生徒・学生。給付金額は、学校段階に応じて、学資として月額1万7千円から5万円。給付が決定した時点の学年が第1学年時だけ、入学一時金として5万円から30万円を受給できる。

申請は、書類に必要事項を記入の上、同財団に郵送。

詳細は、日本財団「まごころ奨学金」ウェブサイトで。

あなたへのお薦め

 
特集