問題解決的な学習を考える 道徳教育で研究大会

第5回道徳教育研究大会が12月27日、東京都文京区の筑波大学附属小学校で開催された。テーマは「道徳授業における問題解決的な学習の有効性を探る―子どもの主体的・協働的な学びの創造―」。教員など約270人が参加。実践発表や提案授業、研究協議などを通して、研究テーマに迫る授業づくりを考究した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。