ネット接続機器は増加 フィルタリング設定率は減少

鹿児島県教委はこのほど、県内の児童生徒を対象に実施した、インターネット利用等に関する調査の結果を発表。インターネットに接続できる機器を所持、または使用している子供の割合は昨年より高く、自分専用の携帯電話にフィルタリングを設定している割合は昨年よりも低くなっていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。