未来のノーベル賞候補を育成 文科省が理数系で育成塾

文科省は平成29年度から、理科や数学、プログラミングといった情報分野で、高い意欲や優れた能力のある小・中学生を対象に、大学などで個別指導を行う「Jr.(ジュニア)ドクター育成塾」を開始する。理数系離れが進む中で、こうした取り組みを通じて、世界に通用する研究者やノーベル賞候補者の育成につなげるのがねらい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。