月2万円から4万円 給付型奨学金制度で議論まとめ

文科省が昨年暮れに取りまとめた「給付型奨学金制度」の設計に関する議論によれば、経済的理由で進学を断念せざるを得ない学生・生徒の進学を後押しするために、返済不要な奨学金を設け、その額を月2万円から4万円とした。一定の成績などを条件とし、進学に向けた学生の努力を促す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。