学校独自の防災ハンドブック 広島井口高生徒が作成

広島県立広島井口高校(高市和子校長、生徒数878人)のJRC(青少年赤十字)部が昨年暮れ、同部が作成した「井口高校防災ハンドブック」を持って、県の下崎邦明教育長を訪問した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。