自閉症児は黄色が苦手 色彩の刺激にも配慮を

自閉症スペクトラム障害(ASD)児は黄色が苦手で、緑色を好む傾向があるのが分かった。京都大学霊長類研究所の正高信男教授と、レンヌ第一大学(フランス)のマリン・グランドジョージ講師らのグループによる共同研究で明らかとなった。ASD児が環境から受ける刺激として、色彩にも配慮する必要があるのを示す結果だ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。