親の8割以上に負担感 今後の子供の教育費

日本生活協同組合連合会はこのほど、全国の組合員を対象に行った「教育費や奨学金制度に関するアンケート」の結果を発表した。現在の教育費用については親の半数以上、今後の教育費用については8割以上が、負担感を持っているのが明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。