佐賀県でセキュリティ対策発表 学校教育ネットの不正アクセスで

佐賀県教委はこのほど、「佐賀県学校教育ネットワークセキュリティ対策実施計画」を公表した。学校管理業務を一元化する教育情報システム「SEI-Net」や県立学校の校内ネットワークシステムが不正にアクセスを受け、不正アクセス禁止法違反容疑で佐賀市の当時17歳の無職少年が昨年6月に逮捕。その後の調査で、県立高校と県立中等教育学校前期課程の計9校の生徒ら約1万4千人分の個人情報の流出が明らかとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。