小・中学校の英語力アップへ 東京・足立区が明海大と協定

小・中学校の英語力向上のため、東京都足立区は1月11日、明海大学と協定を締結した。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、都は小学校高学年の外国語(英語)の教科化(平成32年度から全面実施)を見据え、平成30年度から前倒しする。また同区の中学生の英語力が低下している現状もある。協定は、これらに対応するのが狙い。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。