不祥事防止に岡山県教委 研修に犯罪心理学取り入れる

岡山県教委は、犯罪心理学を取り入れた教職員向けの不祥事防止研修プログラムを作成した。わいせつや飲酒運転などの行為別ではく、学習不足型、確信犯型など5つの原因別に対応したプログラムで、教職員に当事者意識を持ってもらうのが狙い。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。