工学教育で初会合 産学連携や高大接続などを観点に

文科省の大学における工学系教育の在り方に関する検討委員会は1月17日、同省で第1回会合を開いた。産業構造改革を促す人材の育成に向け、普遍的、短期的、中長期的な視点から大学での工学系教育を検討していく。高大接続や留学生の受け入れなども議論の観点に含まれる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。