教育振興基本計画策定に向け 考え方を大筋で了承

文科省の中教審教育振興基本計画部会は1月19日、同省で第10回会合を開いた。「第3期教育振興基本計画の策定に向けた基本的な考え方」の案が、部会長一任で了承された。現行の第2期教育振興基本計画の進捗状況を踏まえた課題や2030年以降の社会の変化を見据えた課題等に対応するための考え方を明記。国際的な視点から見た日本の強みや弱み等を踏まえ、内容の充実を図った。同案は、部会長と事務局とで文言等を調整して取りまとめ、総会に報告する予定。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。