学校給食の安全性が最優先 食物アレルギーで講演

東京都目黒区教委学校運営課は1月19日、同区の総合庁舎で、区学校保健会特別講演会「食物アレルギーをもつ子どもへの対応」を開催。講師を務めた昭和大学医学部の今井孝成小児科学講座講師は、「学校給食の安全性が最優先」とし、学校が確認すべき事項や対応などについて話した。エピペンは「迷ったら打つ」のが大事とし、参加者は、練習用トレーナーでエピペンの使い方を学んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。