自分の考えに自信 発言する喜びを感じる授業で

平成27・28年度の東京都豊島区教委研究推進校である同区立長崎小学校(伊東弘志校長、児童数230人)は、算数科の研究発表会をこのほど開催。主題は「児童一人一人が主体的に考え、ともに学ぶ授業の創造~言語活動を重視した問題解決的な学習を通して~」。児童の習熟度に合わせた学習方法で、既習事項を用いながら児童の自己解決を支援。自分の考えの発表に自信を持たせるよう工夫した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。