学校での避難所運営の在り方 文科省が通知

文科省は1月20日、全国の都道府県・政令指定都市教委に向けて、学校の避難所運営について通知を発出した。災害時に学校が避難所となった場合を想定し、事前に検証・整備のほか、児童生徒らの安否確認の方法などを準備しておくよう求めた。

通知では、教委に向け、学校の避難所運営の準備として、▽教員の具体的な参集・役割分担▽避難所開設や組織の立ち上げ▽学校施設の被害把握方法――などを示した。

学校再開に際しては、児童生徒の登下校の安全を確認し、教材の有無や健康状態の把握などについて段階的に対応できるためのチェックリストを作成するよう、学校に求めた。

この他、都道府県・政令指定都市教委と市町村教委が情報共有できるように、連絡網の構築を強調した。

あなたへのお薦め

 
特集