文科相が学校給食週間アピール 福島の郷土料理に舌鼓

給食をほおばり笑顔を見せる松野文科相
給食をほおばり笑顔を見せる松野文科相

松野博一文科相は1月24日、省内の食堂で、福島県内の小学校などで提供されている学校給食のメニューを食べた。1月24日から30日までの「学校給食週間」を、広く知らせるため。

大臣が舌鼓を打ったこの日の献立は、同県いわき市の郷土料理で、「鰆の竜田揚げみそだれ」と「沢煮椀」など。同市の和食料理人の協力で、地元の魚を使い、和食の良さを伝えていきたいとの考えから作られた。

大臣は、給食を食べながら「たいへんおいしい」と笑顔を見せた。

同週間に合わせて文科省は25日、「学校給食・食育総合推進事例発表会」を開く。スーパー食育スクール事業などの取り組みを報告する。

あなたへのお薦め

 
特集