著作権の配慮や表計算苦手 高校生の情報活用能力調査

文科省はこのほど、高校生を対象に行った「情報活用能力調査(高校)」の結果を公表した。生徒全体に、情報を読み取ったり、整理・解釈したりするのが得意な傾向があった。一方で、情報の発信・伝達で著作権・肖像権を踏まえるなどの実践面に課題がみられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。