国大協が大学入試改革 4月に方向性を示す

国立大学協会は1月25日、学士会館で総会を開いた。終了後の会見で里見進国大協会長(東北大学長)は、大学入試改革について、「4月に考えをまとめたい」と明かした。昨年12月には、文系理系を問わず、国立大の全受験生を対象に、国語を基本に80字以内の短文形式と、それ以上の字数の計2種類の記述式問題を課す案を示していた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。