小学校外国語教育で 新教材開発など検討資料を提示

文科省の小学校の新たな外国語教育における補助教材の検証及び新教材の開発に関する検討委員会は1月30日、都内で第2回会合を開いた。事務局からは、補助教材の検証や新教材の開発の在り方に関する主な指摘等をまとめた資料を提示。同検討委や中教審など、さまざまな審議会での意見を基に、現状や課題、基本的な方向性や方針を記述した。また小学校外国語の年間指導計画例の素案たたき台が、主査一任により大筋で了承された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。