対話力を高め深い学びへ 道徳では葛藤場面を重視

東京都港区立御成門中学校(石鍋浩校長、生徒数236人)は、「『対話力』を高め、深い学びのできる生徒の育成」を主題にした研究発表会を1月27日に、同校で開いた。少人数グループでの意見交換、ペアワークと生活班をベースとした対話的な学びなどを工夫。全教育活動で「対話的で深い学び」を実践している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。