3つの柱別に取り組むべき内容整理 専修学校教育で

文科省のこれからの専修学校教育の振興のあり方検討会議は1月30日、同省で第9回会合を開いた。事務局は、最終報告の方向性(案)を提示。専修学校の価値・役割を踏まえた基本方針を明記したほか、具体的施策については、①人材養成(専修学校教育の人材養成機能の向上について)②質保証・向上(専修学校教育の質保証・向上について)③学習環境(学びのセーフティネットの保障について)――の3つの柱別に内容をまとめた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。