給付型奨学金の改正案が閣議決定 国会提出へ

政府は1月31日、返還不要の給付型奨学金の創設に関する日本学生支援機構法改正案を閣議決定した。同機構の目的と業務に「支給」との文言を加えたほか、給付型奨学金のための基金設立も盛り込んだ。成績や課外活動などで著しい活躍をした高校生を対象に給付する。今国会での法案提出が見込まれており、平成29年度からの施行を目指す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。