一家だんらんで自尊感情を 家庭教育支援で研究協議会

文科省主催・厚労省後援の平成28年度全国家庭教育支援研究協議会「地域の特性を生かし連携した家庭教育支援の在り方~家庭教育支援の推進につながる取組とは~」が1月30、31の両日、国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された。パネルディスカッションやワークショップのほか、基本的生活習慣づくりや訪問型家庭教育支援の事例報告が行われた。「家庭教育と食」をテーマにしたトークセッションでは、家庭での食事のほか、「子供の自尊感情には一家だんらんが必要」との話がされた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。