一家だんらんで自尊感情を 家庭教育支援で研究協議会

家庭教育について話す明石学長(右)と服部理事長
家庭教育について話す明石学長(右)と服部理事長

文科省主催・厚労省後援の平成28年度全国家庭教育支援研究協議会「地域の特性を生かし連携した家庭教育支援の在り方~家庭教育支援の推進につながる取組とは~」が1月30、31の両日、国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された。パネルディスカッションやワークショップのほか、基本的生活習慣づくりや訪問型家庭教育支援の事例報告が行われた。「家庭教育と食」をテーマにしたトークセッションでは、家庭での食事のほか、「子供の自尊感情には一家だんらんが必要」との話がされた。

登壇したのは、明石要一千葉敬愛短期大学学長と「早寝早起き朝ごはん」全国協議会の副会長を務める服部幸鷹学校法人服部学園服部栄養専門学校理事長・校長。
明石学長は、パン食よりも米飯を勧める。その理由として、▽おかずが多い▽噛む回数が多い▽料理の組み合わせや調理工程などの段取りを考えるので、子供に対しても的確な指示を出せる――を挙げた。

また「学校給食が家庭間の栄養格差を是正している」とし、「家庭でしっかりと栄養を取れない子供に対してどう働きかけていくのか、行政で取り組んでいかなければならない」と話した。

一方、自尊感情を高めるためには一家だんらんが必要とも。親子の会話が増えると家族の絆が深まるので、家族全員での行動があるとよいとした。

服部理事長は、核家族が増え、箸の持ち方など、家庭で教えるべきものを学校に押し付けている家庭が存在している現状に触れた。祖父母と一緒に暮らすと子供たちへの教育も充実するとして「祖父母が一緒にいてこその家庭教育」と語った。

特集