いじめ防止と人間関係構築で報告 埼玉県が連絡会議

埼玉県教委は、県の「いじめ防止のための望ましい人間関係づくり研究」推進校に指定されている公立小・中・高校60校の教員が集う連絡会議を2月1日、さいたま市の県民健康センターで開いた。各校があいさつ運動や人間関係づくりなどの実践を報告。いじめ防止に向けた指導の改善と充実について、意見を交換した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。