薬物乱用防止で情報発信 普段からの取り組みが重要

「薬物乱用防止の活動を広く知ってもらうためには、イベントのときだけの情報発信ではだめ。普段からの発信を検討したほうがよい」――。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。