学校安全で答申 全学校での計画策定など求める

 第8期中教審は2月3日、第110回会合・総会を、文科省内で開いた。学校安全の推進の方向性や方策を示した「第2次学校安全の推進に関する計画の策定について」を答申。学校安全計画や危機管理マニュアルの策定・検証を全ての学校に求めたほか、研修の充実や耐震化などの安全対策の実施について明記。答申は、北山禎介中教審会長・三井住友銀行取締役会長から樋口尚也文部科学大臣政務官に手交された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。