協働学習ルームを設置 産学連携で自宅学習システムも

 岡山県備前市は、「教育のまち備前」を掲げ、未来のアクティブ・ラーニング(AL)実現を見据えた各種教育施策を進めている。市内全小・中学校での小中一貫教育などを段階的に推進。今年度中には、全市立小・中学校に、協働学習のための「フューチャールーム」を設置。大学、企業と連携して、タブレット端末を使った自宅学習のシステムも開発する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。