文科省天下り平成21年から 複数の次官経験者が認識

文科省が組織な天下りをあっせんしていた問題で、松野博一文科相2月6日、会見を開き、仲介役の人事課OBが平成21年から再就職をあっせんしていたとの調査内容を発表した。また複数の次官経験者がこの事実を認識していたのも明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。