日教組の教研全国集会が閉会 アピールを採択

新潟市内で開催された日教組の第66次教研全国集会は最終日の2月5日、アピール「ゆたかな学びを保障する教育実践の継続を!」を採択し、閉会した。アピールでは「わたしたちは、引き続き、憲法・子どもの権利条約の具現化をはかるため、平和・人権・環境・共生を柱に、学校現場から民主的な社会の主権者を育む教育実践の継続と積み上げをしていきます」とした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。