地域の自然を撮った写真集を寄贈 相模原市立全小中に

相模原市在住のカメラマン、松橋利光さんは、同市の豊かな里山と生き物の営みを記録した自身の写真集「里のいごこち」をこのほど、全市立小・中学校109校に寄贈。写真を通じて、児童生徒に、市中心部から郊外に至る多様な自然を知ってほしいと願っている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。