道徳でプログラミング学習 規則尊重を順次処理通して

低学年児童にも適した教材活用例が示された
低学年児童にも適した教材活用例が示された

小学校の道徳にプログラミング学習を関連づけた特別授業が2月6日、さいたま市立七里小学校(丸山雅夫校長、児童数411人)で行われた。指導したのは埼玉大学教育学部の山本利一副学部長。1年生道徳の内容項目「規則尊重」を、プログラミングの順次処理を通して考える展開を実施した。

授業では、全国の小学校での実践がまだ1例しかない(株)for Our Kidsが独自に開発したプログラミング教材「PETS」を活用。箱形の筐体に車輪が付いて移動するもので、動作の指令入力は筐体上部から動きに応じたブロックを差し込んで行う。PCなどを使わず、体感的にプログラミング思考を高めていけるのが特徴。

平成32年度からの次期学習指導要領で導入される予定の小学校でのプログラミング教育は、教育課程全体での位置付けが指摘されている。そんな点を踏まえ、同授業では、道徳科の中でのプログラミング実践の在り方を探った。

内容項目「規則の尊重」を児童に考えさせるために、最初に山本副学部長と指導サポート役を務めた同大の学生たちは寸劇で、「バス停での割り込み」を再現。割り込みは迷惑行為であり、公共の場で順番を守る大切さを考えさせた。

その後、オルゴールで同校の校歌を流して音の出る仕組みを説明。オルゴールは、音符に当たる突起一つ一つを読み取りながら正確な音を再現している点などを理解させ、正しい順番とプログラムの関連性を意識させた。

後半は、PETSを使ったプログラミングを体験した。児童は数人グループになって課題に挑戦。課題は、複数のコースに設けられた障害を把握しながら、PETSを無事ゴールに到達させるための動作指示を入力するものだ。

児童は、コースのマス目と障害を勘案しながら、前進や左右回転の指示ブロックを筐体に差し込む。次々にコースを走破して歓声を上げるグループや、失敗して指示を考え直すグループなど、夢中になって取り組む様子が見られた。低学年にも分かりやすいダイレクトな入力作業と動作確認によって、プログラミングの順次処理を楽しく味わい、意味をつかむ機会となった。

最後は、再度、バス停での割り込み寸劇を見せ、順番を守る大切さを再認識させる締めくくりを工夫していた。

あなたへのお薦め

 
特集