防災と海洋教育学ぶ 宮城県女川町で教員研修ツアー

日本財団は、防災と海洋教育を関連づけた教員研修「先生のための海の学び旅」スタディーツアーを2月11~12日、宮城県女川町で開催する。東京都の公立小学校教員、川路美沙主幹教諭が企画した。津波被害を受けながらも海と関わって生きる人々から話を聞く。漁業や水産物加工体験プログラムも実施。水産物が食卓に届く過程を学ぶ。海洋教育とアクティブ・ラーニングを考えるワークショップも行う。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。