考えを伝え深め合う タブレット1人1台で展開

平成28年度渋谷区ICT教育モデル校の東京都渋谷区立代々木山谷小学校(執行純子校長・児童数352人)は2月8日、授業を公開。「自分の考えをもち、考えを伝え合い、深め合う児童の育成~ICT機器を活用した学び合いの工夫を通して~」を研究主題に、タブレットPC(キーボード着脱型)やデジタル教科書を用いた授業が展開された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。