五輪選手が部活動を指導 東京都江東区が新年度事業で

東京都江東区は、このほど平成29年度の予算案と主事業を公表した。子育てと教育分野では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、新たに独自のオリンピック・パラリンピック教育などを推進する。中学校の部活動にオリンピアンやパラリンピアンが訪れ、生徒が直接指導を受けられるプロジェクトを企画。区内にあるパナソニックセンター東京と連携し、五輪の基礎学習やICTを使った異文化理解学習なども実施する予定。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。