少年法の適用年齢引き下げ 教育現場に影響

少年法の適用年齢引き下げが2月9日、法制審議会に諮問された。適用年齢が18歳未満に引き下げられた場合、教育現場にどう影響するのか。全国高等学校長協会(全高長)の宮本久也会長、文科省の坪田知広児童生徒課長に聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。