官民で学びの新コンソーシアム プログラミング教育で

文科、総務、経産の3省はこのほど、プログラミング教育を官民で推進する「未来の学びコンソーシアム」を設立すると発表した。3月9日に設立総会を文科省で開く。

事務局は「ICT CONNECT 21(みらいのまなび共創会議)」(赤堀侃司会長)内に置く。

同コンソーシアムは、教育・IT関連の企業やベンチャーなどとともに立ち上げられる。プログラミング教育の普及促進に向け、▽多様なプログラミング教材の収集・普及▽民間企業主導によるプログラミング体験イベントなどの実施▽企業・団体などによるCSRなどの取り組みを実施。現場のニーズに応じたコンテンツ供給や、外部人材による協力支援を学校や教委に行っていく。

設立趣旨文は、今日的な課題を受けて「プログラミング教育の普及・推進は、政府だけでなく、官民協働のもと、教育関係企業・団体等によるネットワーク機能を有する『ICT CONNECT 21』とも連携しながら、民間企業・NPO法人と協働して取り組むことにより大きな効果が得られるものであるため、今回設立する『未来の学びコンソーシアム』において、イベントやWEBサイト等を通じて、プログラミングの魅力や指導に役立つ教材などについて情報提供を行っていきます」と述べている。

3月の設立総会では、設立趣意書の発表やトークセッションなどを行う。4月以降はキックオフイベントをはじめ、主催イベントなどを順次開催していく。

あなたへのお薦め

 
特集