保育所保育指針案を公表 小学校接続を意識した内容に

厚労省は2月14日、平成30年度から全面実施される保育所保育指針の改正案を公表した。同日、文科省が公表した幼稚園教育要領案に表現を合わせ、小学校の接続を意識した「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を示し、育成したい資質・能力として「知識・技能」など3つの柱を明記した。また伝統的な行事と関連づけ、国歌についての記述が初めて盛り込まれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。