CMで報告書 モジュール学習などの活用法を示す

平成32年度から小学校高学年で外国語(英語)が教科化され、外国語活動が現行の高学年から中学年に前倒して実施されるのを受けて、文科省の小学校におけるカリキュラム・マネジメント(CM)の在り方に関する検討会議は2月14日、時間編成に関する報告書を公表した。朝の時間などを活用した1回15分程度のモジュール学習(短時間学習)、休業土曜日や夏季などの長期休業期間での授業を提案した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。