共有できるものを見つけよう 小学校に哲学の対話を

お茶の水女子大学附属小学校(池田全之校長、児童数659人)は2月16、17の両日、第79回教育実践指導研究会を開催。「学びをひらく―ともに“てつがくする”子どもと教師―」をテーマに、公開学習指導や課題別協議会などを実施。講演には、東京医科大学の西研教授が登壇し、「どうやって『共有できるもの』を見つけるか―現象学的な哲学対話の実践から―」をテーマに、小学校での哲学対話について話した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。