生徒の夢応援 福井県が東大社会科学研の希望学に参画

福井県が、東京大学社会科学研究所が進めている「希望学」研究に参画する。研究の一環として、今年度から3年間の予定で、県内中学校で希望学「若者の夢応援プロジェクト」を進める。五輪選手や小説家など、多分野で夢をかなえた講師が学校を訪れ、生徒に希望と夢の実現に向けた講義や実技指導を行い、応援する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。