情報公開や運営の透明性 私大振興で議論まとめ

文科省の私立大学等の振興に関する検討会議の第12回会合が2月14日、同省で開催された。事務局は、大学のガバナンスの在り方に関するワーキンググループ(WG)の検討状況とこれまでの議論のまとめを提示。まとめには、学校法人の情報公開の対象や公開内容の充実について触れられているほか、運営の透明性を確保するのが必要と明記された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。