SNSとの付き合い方を学ぶ 学校安全で研究大会

第41回全国学校安全教育研究大会・東京都学校安全教育研究大会が2月17日、東京都江東区立第一大島小学校(山田誠一校長、児童数479人)で開催された。「自他の生命を尊重し、安全のための行動ができる幼児・児童・生徒の育成―危険を予測し、自ら回避できる能力を育成するために―」を主題に、講演や研究・実践発表を行った。公開授業は「災害安全」「交通安全」「生活安全」の3つの領域で行われ、6年生は「生活安全」の「SNSについて」をテーマに、メールやLINEなどの使い方について振り返ったり、インターネット上のトラブルを踏まえた上手な利用方法を考えたりした。ファミリeルール事務局がゲストティーチャーを務めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。