おびえなど親子どちらにも 熊本地震の影響いまだ

熊本県は、乳幼児健診を通じて実施した、子供へのケアの取り組み結果をこのほど発表した。それによると、熊本地震による被害が大きかった4圏域(菊池、阿蘇、上益城、宇城)の乳幼児には、夜泣きやおびえといった症状が、4圏域以外よりも多く見られた。また保護者についても、4圏域のほうが物音に驚くなどの割合が高かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。