大学生が中学校で消費者教育 岡山県などで独自教材も

岡山県は、自立した消費者育成を目標に、大学生講師による中学校への消費者教育をこのほど実施した。大学法学部の研究者と学生が学校を訪れ、中学生に授業を提供。コンサートのチケット売買に関する法的認可について、議論を交えて考えさせた。同県教委や県消費生活センター、学識経験者による教材開発と利用も進めている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。