次期指導要領踏まえた体育 ICT利活用で新指導法

東京学芸大学と東京都八王子市教委は、「ICTを利活用した新指導法」と題した体育科研究会を2月20日、八王子市立浅川小学校(山口惠久校長、児童数590人)で開いた。授業公開を通して、タブレット端末などのICT機器を生かした指導や評価の在り方などを探った。同校の実践を次期学習指導要領案と関連づけながら見つめる講演もあった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。