文科省の天下り問題 新たに17事案が国家公務員違反

文科省の組織的な天下りあっせん問題で、同省は2月21日、中間報告を公表した。同省調査班は、新たに17事案を国会公務員法違反と確認した。このうち、大学設置に関する情報を漏えいした問題も明らかになり、再就職等監視委員会が違反と認定した9事案と合わせると、合計27事案となった。調査は今後も継続し、3月末に最終報告をまとめる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。