ひとり親家庭の応援冊子を刷新 障害児向けの情報も

東京都足立区は「ひとり親家庭の暮らしに役立つ応援ブック」(A4判、37ページ)のリニューアル版をこのほど作成した。ひとり親の保護者などが子育てや教育などで困ったときの制度や窓口などを一覧にまとめている。新たに障害のある保護者や子供に向けた案内などを加えている。

改訂では、全ページカラー刷りの読みやすい体裁を工夫。新しい項目として、心身に不安があったり、障害があったりする保護者や子供に向けた案内を追加した。各種教育相談や支援窓口などを盛り込んでいる。同区立全小・中学校に配布する。

冊子は9項目構成。初版は平成27年度。子供の医療費助成や児童育成手当などの各種支援、子供の放課後の居場所や学習サポートの場などを一覧化している。同区を中心にしながら、区外の支援制度や受け入れ施設、相談窓口なども網羅。簡潔に分かりやすく示している。「豆の木コラム」では、愚痴も踏まえながら気軽に話せる「ひとり親家庭支援員」の案内などが掲載されている。

同区役所や区民事務所、福祉事務所、保健所などで入手できる。

あなたへのお薦め

 
特集