児童虐待の情報を共有化 相模原市と神奈川県警が協定

相模原市と神奈川県警察は、市内の児童虐待に関するよりスピーディーで正確な対応を実現するため、相互の情報共有などを図る協定を締結。2月23日、同市役所で、両者の代表が同市長と同県警本部長の署名が入った協定書を取り交わした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。