4技能のバランス悪い 中3英語力の課題浮き彫りに

文科省は2月24日、中学校3年生を対象に英語の4技能を測った平成28年度「英語教育改善のための英語力調査」(速報)の結果を公表した。政府は中学校卒業段階で英検3級以上のレベルを5割にするとの目標を掲げているが、達成できたのは「書く」だけだった。このほかの3技能は2割から3割で、バランスを欠いた結果となった。また「話す」では、評価者である教員による採点と正答が一致しないとの課題が浮き彫りとなり、今後の英語教育の在り方が問われそうだ。

調査は、全国から中学校3年生約6万人を抽出し、昨年6月下旬から7月にかけて実施。「話す」に関しては、この中から約2万人を選び、教員と生徒の対面方式で行った。英語力を幅広く測定するために、世界基準のヨーロッパ言語共通参照枠「CEFR」を活用し、A1上位(英検3級程度)~A2(英検準2級程度)のレベルを測定できるようにした。

それによれば、英検3級以上のレベルに達した生徒は、「読む」では25.3%で、昨年度よりも0.8ポイント下がった。「話す」は31.2%で、1.4ポイントの減。「聞く」は20.2%から24.8%へと増えた。「書く」は43.2%から50.8%へと増加した。

しかし、無得点者が昨年度よりも3.0ポイント増えて15.6%となった。依然として1割半ば以上存在しており、改善されていなかった。

教員と生徒が対面でやり取りする「話す」は、パートA(音読の評価)やパートB (内容の評価、文法・表現の評価)、パートC(内容・構成の評価、文法・表現の評価)の3パートで実施。 5つの観点で評価したが、5割から7割が正答と採点が一致していなかった。このうち、パートCの「文法・表現の評価」では、68件が一致せず、本来の評価は1点だったところ、「2点または3点」と、1~2段階高く評価していた。さらには、1点を「0点」と低く付ける場合も5つの観点の中で多く見られた。

採点基準には、「おおよそできている」や「半分できている」などあいまいな表現があり、評価者の教員からは、戸惑いの声があったという。

こうした点について文科省は、今後、具体的な採点基準を事前研修資料として明示するなど、対策を取るとした。

4技能調査と同時実施した生徒への質問紙調査では、「英語の学習が好きではない」と答えた生徒が前年度に比べて2.2ポイント増の45.4%となった。「英語が好き」と答えた生徒ほど、テストのスコアが高い傾向となっていた。特に英検3級程度に達してない生徒では、「書く」については、「英語そのものが嫌い」「単語の綴(つづ)りや文字を覚えることが難しい、文法が難しい」との回答が多かった。

教員に対する質問紙調査では、小学校で外国語活動を経験した中学生の英語力について尋ねたところ、73.8%の教員が「英語の音声に慣れ親しんでいる」と答えた。だが、小学校での外国語活動を踏まえた指導の工夫がみられるようになった」と回答した教員は0.6%で、具体的な指導に関する連携は意識されていない現状が分かった。

あなたへのお薦め

 
特集